ピックアップ

189

明日20日(土曜)は『月イチbebeぱん with ASYLUM』です。

8月はatelier IMAGEさんがお休みの為、月イチbebeぱん+ASYLUMもお休みになります。

ということで、今回は【背守りをデイリーウエアに♪】を急遽開催します!

参加費1000円、ご予約なしでどなたでもご参加いただけます。

背守りを入れたいものをお持ちください。

 

【 背守りをデイリーウエアに♪ 】

[開催日] 7月20日(土曜)

[開催時間] 13時30分~

[場所] atelier IMAGE

[参加費] 1,000円 

 

 

https://www.facebook.com/events/467834370684179

 

 

 

 

背守りをデイリーウエアにすべく、気軽に背守りを入れてみましょう♪ 

参加費1000円、どなたでもご参加いただけます。

背守りを入れたいものをお持ちください。

 

 

【 背守りを日常品に! 】

 

[開催日] 月曜

[開催時間] 12時~17時

[場所] ASYLUM店内

[参加費] 1,000円 

 

 

 

背守りのモチーフには全て意味が在ります

 

ワークショップはコチラ → https://asylum.ocnk.net/page/33

 

背守りについて → http://asylum.ocnk.net/page/25

 

 

 

 

 

 

少しでも心地よく、上質に感じさせてくれる服、

 

楽しくなったり、気分が良くなったりする服、

 

時には、戦闘服の様に心身を守ってくれる服、

 

 

こんなアイテムに出会って下さい!

 



それらのアイテムが「愛用品」になった時、あなたの「日常」が変わってる事に気付くと思います♪

 

 

良いモノには訳があるのです・・・

 

 

 

 

『スイカ紋』 の背守り

 

 

 

 

この丸にハートが3つのカタチは、

五大家紋のひとつ「丸に酢漿(カタバミ)」にとてもよく似てるのです。

 

カタバミは繁殖力が強く一度根付くと絶やすことが困難なことから、

「 (家が) 絶えない」に通じ、

主に武家の間で家運隆盛・子孫繁栄の家紋として用いられたそうです。 


更に、カタバミは良妻と賢母を両立させる植物とも言われてるので、女の子にもピッタリ♪

 

・・・という事で、スイカのカラーリングで背守りモチーフのひとつにしました。

名前も「丸にスイカの家紋」→「スイカ紋」としました。

 

「災い」や「魔物」を睨みつけて近づかないように  

・・という願いも込めて、スイカの種を兼ねた「目」を付けてます。

 

 

 

実は、スイカに見立てたのには訳があるのです。

 

15年くらい前でしょうか・・・、

我が家でスイカを切ったら、中からハートの模様が3つ現れたのです!

珍しかったのでケータイでパシャ!

 

ハートが3つ見えませんか?

 

コレが『スイカ紋』のルーツです・・・

 

『スイカ紋』の背守り、いかがですか?

 

 

 

『背守り』を入れてみませんか?

 

当店の背守り刺繍は、一般的な刺繍とは異なり、Tシャツの目に糸を組み込んでいく手法です。

先の丸い針と太い糸を通せる特製糸通しが、この手法を助けてくれます。

多少伸縮しても大丈夫な、この刺繍法をマスターして、オリジナルの1枚を作りましょう。

応用することで、かなり楽しいものづくりができると思います♪

 

背守りのモチーフには全て意味が在ります

 

 

【 背守りを作る・知る・楽しむワークショップ 】


[開催日] 随時

[開催時間] 随時(12時~19時)

[場所] ASYLUM店内

[参加費] Tシャツ込みコース 3,000円

      持ち込みコース 2,000円

[定員] 1組(1名~4名)

[お申し込み方法] 申込み専用ページからどうぞ →  RESERVA予約システムから予約する

 

店頭・電話・メール・FacebookからでもOKです。(以下4項目をお知らせください)

1. お名前

2. 電話番号

3. 背守りモチーフ(籠目、五芒星、麻の葉、太陽、テトラ、メディスンホィール、ココペリ、他)

4. ご希望のTシャツサイズ(90、100、110、120、130、140、150、160、XS、S、M、L、XL)

 


初回に道具(型紙・専用針・特性糸通し・下書き用のペン・特製背リーフレット)を差し上げます。

糸・はさみはこちらでご用意します。

 *はさみをお持ちの方はご持参下さい。        

 *ご不明な点、ご希望などございましたら、お気軽に当店までお問い合わせください。

 

 

ワークショップのご案内 → https://asylum.ocnk.net/page/33

 

背守りについて → http://asylum.ocnk.net/page/25

 

 

 

 

背守りは、赤ちゃんだけでなく、進学・留学・就職など親元を離れるお子さまにもオススメです。

 

こちらは、海外へ留学するお子さまに向けて作った背守りTeeです。

  

 

左:『Bubbles + 背守りTee 桜 SAKURA』 http://asylum.ocnk.net/product/2287

 

古くから日本人に馴染み深く、多くの人々に愛され続けてる花「桜」を直縫いで刺繍しました。

『留学先で良いスタートをして、災いなく無事に戻ってきて欲しい』という想いを込めてます。

 

 

右:『Bubbles + 背守りTee セーマンドーマン』 http://asylum.ocnk.net/product/2276

 

陰陽師が由来の『セーマンドーマン(九字と五芒星)』を使用しました。

なぜなら、このセーマンドーマンは古くから、伊勢地方の海女さんの磯着や手ぬぐいにも描かれている「魔除け」の図柄で、特にセーマンはひと筆書きで元の位置に戻ることから、

『無事に戻ってこれますように』という願いが込められいるのです。

 

背守りは赤ちゃんサイズから大人サイズまでお作りしてます。(^^ゞ

 

 

 

 

背守りTee(子供サイズ) を お買い上げいただいた皆さまに無料でお名前刺繍をさせていただいてます。

 

何故、無料にしているのか・・、それにはちゃんと訳があるのです。

 

昨今、子供服の多くは、着れなくなると下の子・知り合いの子へとリユースされる傾向が多いのですが、

当店の背守りは「タイムカプセルリーフレット」なるものが付きます。

  *A4サイズです

この「タイムカプセルリーフレット」には、生まれた時の感動・感謝想い・願いなどを記入。

その後、着れなくなったTシャツ・背守りを着てる写真や当時の遊具などと一緒に20年ほど保管。

そして成人式を迎えた時に(ご結婚・ご出産 etc...でもOK)ご家族皆さまで開けていただいて、

その当時の気持ちを振り返りながら思い出と共にお話ししましょう!・・という為のものです。

 

ですので、お名前の刺繍を入れ、その子の為だけの1枚にして欲しいのです。

 

 

 【 Web Shopからのご注文でもOKです 】

    Web Shop からのご注文の場合、備考欄に下記をご記入下さい。

    ・刺繍する場所(左袖・右袖など)

    ・お名前(英字・ひらがな・カタカナ)

    ・糸の色(赤、紺など具体的に)

 

 

出産祝いだけでなく誕生日お孫さんへのプレゼント出産前のご準備にもオススメですよ!

ワークショップも随時受付中です。


皆さまからのご用命をお待ちしております♪

 

 

 

  背守りTeeのページ は コチラ

 

 

この背守りTeeは、ご注文をいただいてから、こうしよう、ああしようと何度も打ち合わせを重ねました。

 

  オーダー背守りTee for 『kanade』:https://asylum.ocnk.net/product/1735

 

完成後、送り主さまにご来店いただいて、自らの手で最後のひと針を入れてもらいました。

 



送り主自ら、ひと針加える背守り・・・

親御さんが、ひと針加える背守り・・・

より想いの詰まった背守りになりますよ!


ひと針加えて、理想的な背守りを作ってみませんか?

 

背守りは赤ちゃんサイズから大人サイズまでお作りしてます。(^^ゞ

 

 

 このアイテムのブログ → http://ameblo.jp/asylumniigata/entry-11432503213.html

 

 

 

お揃い大集合~♪

 

今回は、兄弟姉妹父母でお揃い・ペアでの背守りをいくつかピックアップしてみました。

 

それぞれに送り主さんの想いがあって、唯一無二のお揃いになってます!

 

 

 

for Family

フォルクスワーゲン「ビートル」を刺繍した3枚ペアのオーダーTee 

長男くんは、車の絵を書くと動物のようにタイヤが4個になるそうです。
子供ならではの自由な感覚・・・
長男くんのTシャツは、それを生かして前面に、4つタイヤのVWビートルにしました。
時間が経ってからの反応が楽しみです♪
生まれたばかりの次男くんには、長男くんと表裏逆パターンで、
パパさん向けは、シンプルに裾にワンポイント仕様で作りました。

 

 

 

for Family

 

娘さん夫婦とそこに生まれた赤ちゃんへのプレゼントとしてオーダーいただいたお揃いの背守りTeeです。

大人向けは、ホワイトTシャツがベースのテトラの背守り、
お子さま向けは、レッドTシャツをベースに、籠目Premiumの背守り+お名前刺繍を施してます。
フロントは、ステンシルスタンプでお揃いのカタチを入れました。

 

 

 

for 甥っ子兄弟

甥っ子兄弟へのプレゼントとしてオーダーいただいたお揃いの背守りTeeです。

 

 

 

for Sin & Ryu 兄弟

 

生まれたばかりの甥っ子くんとそのお兄ちゃんへのプレゼントとしてご注文いただいた背守りTee です。

 

 

 

for SOUTA&MUTSUMU兄弟

 

ご兄弟へのプレゼントにとご注文いただいた背守りTeeです。

各左袖にお名前をひとヒネリ、ふたヒネリして、提案-刺繍しました。

  むつむ →  6 TSU 6

  そうた → SO♪  (「うた」を「♪」に置き換えて)

 

 

 

 for Sister

 

幼い姉妹へのプレゼントとしてご注文いただいたピンクのお揃い背守りTee です。

ボディカラーとふくろうのカラーを若干変えてるのがポイントです

 

 

 

 

for Haruki&Itsuki 兄弟

 

双子の兄弟へのクリスマスプレゼントとしてオーダーいただいたお揃いの背守りTeeです。

兄弟に共通する「i」の文字を、

送り主さまのお名前でもある藍色の糸を使ってナイショでひと工夫させていただきました。

 

 

 

 

for Haruka & Tatsuru 姉弟

 

お孫さんへのプレゼントとしてオーダーいただいたお揃いの背守りTeeです。

Harukaちゃんは、赤とピンクの籠目Premiumを背守り
Tatsuruくんは、ブルーとグリーンの籠目Premiumを背守り

 

 

 

 

for ATSUTO&KOU兄弟

 

お孫さんへのプレゼントとしてオーダーいただいた背守りTeeです。

 

 

 

 

for Family

 

 

 

送り主さんの想いをお聞きしながら、それぞれにアイデアを出しながら決めて行きました。

 

その時の送り主さんたち、皆さんすごく楽しそうにしてましたよ♪

 

身に着けるおまじない・お守りの背守りTeeをこれからも提案していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

デザインとして使ってるアイコン その3

 

・ミタケオアシン(Mitakuye Oyasin


 「すべては関わり合っている」「すべては繋がっている」ということから

 「(私に)関わるすべてに祝福を!という意味を持つネイティブ・アメリカンの祈りの言葉

 宗教を持たず、自然と共存しながら生きてきたネイティブアメリカン、

 その「すべて」とは、人間だけではなく、動植物やすべての自然も含まれます。

 なんともスケールがデカく、この言葉には深いメッセージがあるのです。

 

 

 

マルチカラーのティピ(Tipi)と合わせて使うパターン。

 

 

 

 

 

 

 

 

字体をそのままデザインしたパターン。

 

 

 

 

古代の壁画をイメージした文字パターン。

 

 

 

サンダーバートトラックやティピなどを添えてます。

 *サンダーバードトラックは、想像上の鳥「サンダーバード」の足跡で、幸福・明るい未来への希望を意味します

 

 

 

 

 

 

ミタケオアシン(Mitakuye Oyasin)という祈りの言葉は、

 

今の現代人に必要な考えであると強く感じてます。

 

先人達(日本とネィティブアメリカン)の伝統・文化を取り入れた

本気モードのTシャツではございますが、

ウチでは、ちょっとお茶目なカタチにデザインしてます。

 

サイズやボディカラー+文字のパターンなどをお好きなように組み合わせて・・

のオーダーもお受けいたしますのでお気軽にお申し付けください。(^^ゞ

 

 

 

 

マティスの「Blue Nude」、1年に1枚作ってます。

 

2017年作

糸で縁取った後にかすれペイント

 

 

2018年作

 こちらはラスタカラーの糸を使いました。

 

 

そして今年、2019年・・

BLUEのグラデーション糸を使いました。

 

 

 

糸で描くゲージツ作品、けっこう気に入ってます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

背守りのモチーフとして使ってるアイコン その2

 

・ココペリ(Kokopelli)


 幸福をもたらすと云われてるネイティブアメリカンの精霊「ココペリ」
 豊作・子宝にも恵まれるとも云われてます。

 アクセサリーのモチーフ、置物やぬいぐるみ、Tシャツなどにも使われてます。

 

 

 

当店では、マルチカラーが人気です。

 

 

 

 

 

  

 

hiyoriyama」を入れたり、

祈りの言葉「Mitakuye Oyasin (ミタケオアシン)」を入れたり、

 

雪男」とコラボしたり・・・

 

 

この様に、何かとコラボするのも面白いですね~♪

 

 

 

「Mitakuye Oyasin (ミタケオアシン)」については、また後ほど・・・

 

 

 

bebeぱんの美味しい写真が届いてます♪

 

cannelé de Bordeaux(カヌレ)

 

 

ミニ cannelé de Bordeaux(GODIVAのchocolateリキュール入り

 

 

塩バターロール

 

 

オリーブとオニオンbread

 

 

 

ソーセージとオニオンのフォカッチャ

 

 

フレッシュハーブとクリームチーズのcake salé

 

 

 

プルマン

 

この続きはMITSUKOSHI裏のatelier IMAGEで・・・

 

 

ASYLUMは、初夏の1日Tee SALE をやります♪

 

美味しいコーヒーをご用意してお待ちしてます!(^^ゞ

 

 

 

 

背守りのモチーフとして使ってるアイコン その1

 

メディスンホイール(Medicine Wheel)

 

メディスンホイールは、ネィティブアメリカンの聖域で、東西南北の4ヶ所、そしてその中間4ヶ所、更にその中間8ヶ所、計16ヶ所に、石や木々などでサークル状に描いたもの。

大いなる自然(神・仏・山・動植物など)と接触・交流・交信できるシャーマンやメディスンマン達が行う伝統的な儀式「ビジョン・クエスト」にも用いられています。

 

  *ビジョンクエストとは、香草などで身を清めた後、ただ1人で山にこもり、4日もの間断食をしながらメディスンホイールの中心に身を置き、大いなる自然からビジョンを受ける儀式。

 

シルバーアクセサリーで見かける「メディスンホイール」は、円に真ん中が十文字になった島津家の家紋のようなカタチ。
それを背守りに使ったのでは、家紋にしか見えない・・、それじゃ面白くない!

で、当店のイメージしたのは、ビジョンクエストで使われるカタチです。

 

 

 *イラストは12ヶ所ですが、正確には東西南北、細分化したその中間(南東・北西など)、

   更にその中間(南南東・北北西など)の16ヶ所になります。

 

中心に身を置く」ことから、中央に名前やイニシャルを入れて「守ってもらう」ということをイメージしてます。

そして「東西南北」の場所を星形にしたり、2色~3色使ったり、

三つ編みを垂らしたり・・・

文字のスタイルも様々!

 

 

 

 

 

自分自身で愛用してる背守りもこのメディスンホイールが多く、迷ってる方にオススメしてます。

 

 

 

 

 

なぜ、自分がネィティブアメリカンに惹かれてるのか・・・

 

 

 

そこには、いくつもの理由があります。

そもそも、子供の頃のネィティブアメリカン(インディアン)といえば、TV・映画にちょこっと出てくる、酋長、アパッチ、ジェロニモ、「インディアン嘘つかない」、etc...、

その頃は、それほど関心もなく・・・

興味が湧いてきたのは、20代の後半になってからのこと。

シルバーやターコイズを使ったインディアンジュエリーやチマヨブランケットベストに出会い、

ホピ族・ナバホ族・ズニ族など初めて見聞きする新鮮な響きと相成って、この頃からベクトルが動きだしました。

それから数年後、日本にも「ゴローズ」が話題になり一気に人気沸騰。 

その「ゴローズ」を手がける高橋吾郎氏は、

ラコタ族の過酷なサンダンスの儀式に参加し、

真のインディアンの称号を受けた貴重な日本人なのです。

 

 


「日本にこんな人がいたんだ・・・」と絶句。

 

 

 

 

 

更にベクトルが動いたのは、40過ぎてから。

カルロス・カスタネダ著「呪術師と私〜ドン・ファンの教え」を知り、これを読んだ時でした。

我がバイブル、津本陽著「柳生兵庫之助」ともリンクする部分があり、興味アップ!

剣術の修行「山ごもり」「無言の行」の場面でとてつもない恐怖や幻覚に襲われるという場面が「ビジョン・クエスト」と被り・・納得。

村上春樹著「カフカの海」にも、鬱蒼とした深い森に身を置く場面でとてつもない恐怖や幻覚に襲われるという場面が出てきます。

深い森と言えば、日本では昔から「鎮守の森」と言われ拝み奉られてたけど、最近耳にしなくなりました。 チョット哀シイ ....

 *「鎮守の森」はトトロに出てくるような所だと思って下さい


剣術の修行「山ごもり」「無言の行」で身につける不思議な力のひとつは、

目の前の相手の動きを察したり、後ろから攻撃してくる敵の気配を感じる「心眼」「観の目」。

時には木々や鳥が何を言ってるか分かったりもします。

今風に言えば、超能力・予言とでも言いましょうか・・・

そして、暗いうちから山へ登り、頂上で裸になり全身で浴びる「ご来光」。

これも意味深・・・

自分で体験してる訳じゃないけど、とても興味深いのです。

このように、日本では、昔から目に見えないものを大事にしてきました。

「神さまが見てる」

「お天道さまが見てる」

「ご先祖さまが見てる」

大人たちから、こんな事も教えられませんでしたか?

他の人が見てなくても、神さま・お天道さま・ご先祖さまが見てるから、悪いことはできないんだ・・って。

そして、手を合わせ、詣でる・拝む・参る・祈る・願う・頼む・etc...こと。

これは、礼儀・作法にも通ずるものがあります。 コレハ、チョット深イ ....

現代の日本は、戦後の急成長で、道路が整備され、住宅環境も良くなり、食材も豊富になり、

様々なモノが不自由なく手に入るほど便利になりました。

豊富・便利になったこと、これは生活する我々にとって、とてもありがたいことです!

しかし、主体を「人間」から「自然(地球)」に変えてみると・・これらのほとんどは良くない事。

地球で生活してる人間は、自然を破壊してきた地球の天敵とも言えるでしょう。

ネイティブアメリカン達は、この辺りの感覚・考え方が違うのです。

自然を敬い「共存」してるんです。

日本では、道路を作る度、街を作る度、木々を伐採し、山を切り崩し、アスファルトやコンクリートで埋めてしまう・・・、さしずめ人間ならば、呼吸ができなくて窒息してしまうかも・・。

地震や噴火は、もしかして地球が苦しみもがいて起こるんじゃないかな・・なんて考えてしまいます。

大雨・大雪・夏の高気温にしても、以前はここまで酷くなかったはずです。

人間の生活が便利になればなるほど、自然に異常が起きるのだと思うのです。

自然に異常が起こるのは、地球が怒ってるんじゃないか・・って。

正に+プラスと-マイナス !!

「自然」は時にはありがたく、時には災害まで発展します。

「自然」は人間が自由にコントロールできるものではありません。

そんな現代だからこそ、昔の日本人、そして自然と向き合って生きてきたネイティブアメリカン(インディアン)の伝統・文化から学ぶものが多いと思うのです。

 

次回は、ネイティブアメリカン(インディアン)が用いているアイコンをいくつか紹介しますね。

  

 

  

 

お楽しみに~(^^ゞ

 

 

 

昨今「紫外線は悪だ!」みたいなイメージが強いですが、ワタクシ達は恩恵の方が大きいと思ってます。

天気の良い時はできるだけ日差しを浴びるようにしてます。

 

昨今の紫外線対策の背景には、どうも商業ベースのニオイがプンプン!

紫外線対策だけでなく、カラダの不具合対策サプリ、健康維持サプリもスゴイい数!

この数十年で食べ物のパワーが落ちてること、

生活環境が変わってきたことは頷けますが、これってどうなんでしょうね?

 

食べ物のパワーといえば、雑草のたくましさ・生命力には頭が下がります。

逆に、ヒトの都合で作られた「種」「苗」「花」「実」は、パワーが弱いだろうなと思ってます。

生えて欲しいもの・咲いて欲しい花も、雑草のように勝手に出てきてくれれば・・なんて願望はヒトの欲ですかね。(汗)

 

ウチの植物たちは、自然に近くなるように、できるだけ放置するようにしてます。

 

 

こちらに越してきた時から在ったバラ

2メートルくらいに成長したオリーブコデマリ

成長を続けてるレモンバーベナ・マーガレット・ラベンダー

瀕死の状態から回復したローリエ(月桂樹)

今年になってかなり増えたニゲラ

毎年出てくるパセリ類・大葉

レモンバーム・アップルミント・セージ・ゼラニウム・セントジョンズワート・ドクダミ

更にお隣さん・お向かいさんのお庭の植物、

 etc...

土や環境に合う・合わないもあるかもしれませんが、我ながら好い環境だなと思ってます。

 

 去年→今年 

 

 

毎年、植物を見てると翌年の姿を見たくなります。

コレ、長生きの秘訣かも・・?(笑)

 

 

 

陰陽師が由来の『セーマンドーマン』、

セーマン」は一筆書きの星型「五芒星」、「ドーマン」は網目のような「九字」を意味します。

 

 

 

 *糸の色で表情も変わります♪

 

セーマンドーマンの名前の由来は、

陰陽師安倍晴明(あべのせいめい)蘆屋道満(あしやどうまん)からきています。

 

セーマン(五芒星)は、どこからでも一筆書きで描く事ができ、始めも終わりもないことから、

魔物の入り込む余地がないと云われてる魔除けの図柄です。

こちらは、1本の糸で刺繍してます。


ドーマン(九字)は、護身法であると共に、魔除け、厄除けとして、非常に強い効果があると言われています。

臨兵闘者皆陳烈在前(リン、ピョウ、トウ、シャ、カイ、ジン、レツ、ザイ、ゼン)」と印を唱える時に描かれる図形を、

その順番に刺繍してます。

 

 

この『セーマンドーマン』は、古くから、伊勢地方の海女さんの磯着や手ぬぐいにも描かれている「魔除け」の図柄で、

特にセーマンはひと筆書きで元の位置に戻ることから、『無事に戻ってこれますように』という願いが込められいます。

 

こちらは、和歌山にいらっしゃるお孫さんへのプレゼントにご注文いただいた1枚です。

 

 

その土地では一風変わった風習があるそうで・・

厄年で産んだ子供は、形式的に捨て子にするという習慣があるんだそうです。


こちらでは、厄年での出産は「厄落とし」などと言われてますが、

和歌山では産まれた子供に厄が移ると云われてるらしく、一度道に捨てた後、拾ってくる・・

という事を実際にされたとお聞きしました!

それが、ひとつの「厄落とし」「厄払い」になってるのでしょうね。

思わず「へぇ~!」でした。


そういった風習を大事にされてるご家族、

ましてや三重のお隣、海沿いの和歌山ですから、モチーフには「セーマンドーマン」を提案させていただきました。

 

 

九字を切る順番の数字の色を変えるのもオススメです。

 例えば・・

  • 7の場所 → ラッキーセブン
  • 8の場所 → 末広がり
  • 1の場所 → 最初が肝心
  • 9の場所 → 終わり良ければ全てよし

 などなど・・

 

あなたのラッキーナンバーや大切な数字は何ですか?