今では「あたりまえ」になっているフリーマーケット・・・

アサイラムは、そんな「フリーマーケット」のようなお店を目指して1998年7月4日にオープンしました。

まだ新潟に、リサイクル古着的なお店が無かった時代です。

オープン当初は、ファッションアイテムだけでなく、

フィギュアやCDなど(ファッションの)サブカル的なアイテムも多く並んでました。

これも、その「時代」です。


1970年代後半、アメリカ西海岸のスワップミート(フリーマーケット)が紹介された雑誌を見て、

カルチャーショックを受けました。

その後、都内などでも開催されるようになり、何度「うらやましい!」と思った事か・・・

それから数年後、ようやく新潟にもその文化がやってきました。

ワクワクしながら幾度となく足を運び、特に何を買うわけでなく、その場の空気に触れたくてブラブラしてました。そして、

「年中フリーマーケットをやってたらいいのにな」、そして「お店なら、天候・季節に関係なくできる!」

と思うようになりました。

これがアサイラムの始まりです。


--------------------------------------------------

店の名前「ASYLUM(アサイラム)」は、アメリカ西海岸のレコードレーベルの名前です。

 

ちなみに、日本語訳は、「避難所」や「保護施設」。

個人所有の古着を扱うので、服の「避難所・保護施設」の意味を込めてASYLUMに決めました。

  *最後まで悩んだ店名候補が「MERRY-GO-ROUND(メリーゴ-ランド)」でした 

 

そして、記念すべきオープンの日はアメリカ独立記念日と決めて、7月4日に無理やりオープンさせたのです。

当時のファッションは「ドメスティックブランド」が大流行!!

ダブルネームや限定モノなど、なかなか手に入りにくいアイテムがたくさん出てきた時代です。

そして「欲しい人」が増え「プレミア価格」が発生しました。

しかしアサイラムでは、徹底して「プレミア価格」では販売せず、

「そのモノのUSEDの価格」にコダワりました。(自称「アサイラム的新潟相場価格」です)

この時期は「ニセモノ」も大量発生!

店でも「ニセモノ」を購入して、真偽を見分けることに一苦労してたころでありました・・・

--------------------------------------------------

時代も流行も、その言葉通り、流れながら変化してます。

オープン当初は、Recycle•Reuseの「着れる・使える」レベルで扱ってましたが、

時の流れと共に「価値のあるもの・残しておきたいもの」へと変わってきました。

状態・ブランドだけでなく、ファッションユーザーとしての長年の経験を生かして、

素材・色柄・サイズ・デザイン・ディティールなどもチェックしています。 


そんな中「こんなのがあったらいいのにな・・・」の思いから、

2004年にオリジナルレーベル「shiii+po(しっぽ)」が誕生しました。

shiii+po(しっぽ)は、「あったらいいな」をデザインし、こだわりレシピでカタチにした、

ちょっと贅沢な手しごとコレクションです。

1枚ずつしか作れないshiii+poは、量産品や使い捨てられるモノに対するささやかな抵抗でもあります。 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

少しでも心地よく、上質に感じさせてくれる服、

楽しくなったり、気分が良くなったりする服、

そんなアイテムを中心に、1枚1枚の服のアレコレをできるだけ丁寧にお伝えします!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

ファッションユーザーとしての長年の経験を生かし、

1枚1枚の服のアレコレをできるだけ丁寧にを伝えて着てもらうこと・・・これをコツコツ積み重ねております。

 

年々、ものすごい勢いでブランドが増え、服の数・種類・価格帯がメチャクチャ増えてます。

それらの善し悪しを決め購入するのは、我々ファッションユーザーです。

本当に良いモノ・欲しいモノを見つけたとしても、値段で諦めてしまって、

その代用品(それに似た安価なもの)で済ませてしまい、後々後悔した事はありませんか?

それは、単なる「消費」であり、「安物買いの銭失い」になってしまい、

「欲しいモノ」が「どうしようもないモノ」になる瞬間です。

興味を持ち続けていれば、この経験が次の買い物に生かされもしますが、諦めてしまう人がたくさん居ます。

仮に、購入できるようになるまでお金を貯めていたとしても、結局そのタイミングを逃してしまったり、

そのモノやブランド自体が無くなってしまう事もあります。

 

 

  少しでも心地よく、上質に感じさせてくれる服

  楽しくなったり、気分が良くなったりする服

  時には、戦闘服の様に心身を守ってくれる服

  ・・・こんなアイテムに出会って着てみて下さい!

それらのアイテムが愛用品になった時、あなたの「日常」が変わってる事に気付くと思います♪ 

 

 

流行に左右されないスタンダードなアイテム、

アウトドア・ミリタリー・ワーカー系の道具的アイテム、

DCブランドなどのデザイン性の強いアイテム、

そして当店オリジナルの「shiii+po(しっぽ)」・・・・・

これらを、いかにして、カッコよく着てもらうか、楽しんでもらうか、そしてその人らしく着てもらうか、

一人一人にお似合いのアイテムや「いいモノには訳がある」的なオススメできるアイテムを紹介させていただいております。

服選びのポイントやコーディネートのアドバイスだけでなく、興味のある方には、

カルチャー・時代背景・素材や縫製など、掘り下げてお話させていただいたりもしています。

 

 

服・素材・コーディネートなどファッションにまつわるアレコレ・・・、お気軽にご相談下さい。  

老若男女問わず、服に興味のある方・ファッションが好きな方を応援します!

 

 from ASYLUM SINCE 1998